ロスミンローヤル

ロスミンローヤルの効果や成分と口コミ評判

ロスミンローヤルは効く?シミの種類


お肌の悩みにシミがありますが、シミといってもいくつかの種類のシミがあります。

 

自分のお肌のシミがどのタイプなのか、まず知る事が大切です。そして、それがわかったら、そのシミのタイプに合わせて対策していく必要があります。

 

シミのタイプ別に、原因・治療方法をお話していきます。

 

 

シミのタイプ別 原因・治療方法

 

 

1.肝斑

肝斑というのは、境界線がぼんやりとしていて、肝臓のような形で現れるシミのことで、目の横あたりに左右対称に現れます。

 

原因ははっきりわかっていませんが、女性ホルモンの影響が大きいと言われています。

 

治療方法 肝班はレーザー治療では、悪化させる可能性があるといわれています。女性ホルモンの乱れを正常にして、肌のターンオーバーを正常にする必要があるので、ロスミンローヤルのような生薬配合のサプリなどが有効です。 

 

2.炎症性色素沈着

炎症性色素沈着というのは、別名肌荒れ記憶ジミとも言われています。

 

原因は、今までの皮膚の炎症の跡などが色素沈着して、残ってしまったものです。ニキビの跡などは、一時的に茶色くなって時間が経つと肌色に戻っていくのですが、戻らずシミとなって残ってしまったものです。

 

治療方法 肌のターンオーバーを活性化させることが重要なので、ピーリングなどが効果的です。炎症性色素沈着はだいたいが自然と消えていってくれるのですが、炎症を起こした状態で肌が日焼けをしてしまうと、消えにくくなってしまうので注意しましょう。

 

3.老人性色素斑

 

老人性色素斑というのは、別名日焼け記憶ジミとも言われています。シミの種類の中でも、最も多く発生するといわれています。老化現象の一つでもあり、年齢とともにほとんどの人に現れます。

 

原因は、若いときの日焼けだと言われています。最初は薄いですが、段々色が濃くなってきます。大きさは、数ミリから数十ミリぐらいで丸い形をしています。

 

治療方法 若いうちから、紫外線対策をしっかりしておきましょう。歳をとって黒くはっきりしたシミになってしまったら、レーザー治療で対処する事ができます。 

 

4.そばかす

そばかすというのは、目の下に現れる雀の卵の殻の模様状の色素斑のことです。色白の人・思春期の頃に現れます。

 

原因は、遺伝だと言われています。しかし、紫外線などで広がったり色が濃くなったりする事もあるようです。

 

治療方法 治療方法はレーザーです。

 

5.花弁上色素斑

花弁上色素斑というのは、別名強烈日焼けジミとも言われています。顔や首や肩に、花びら状に現れます。

 

原因は、強い日焼け・雪焼けなどと言われています。

 

治療方法 日焼け直後は熱を持っているので、冷やして下さい。その後に、ビタミンCを摂取しましょう。少しでも早く綺麗にしたい人は、レーザー治療をオススメします。

 

6.脂漏性角化症

 

脂漏性角化症というのは、別名でっぱりジミとも言われています。イボのように皮膚が膨らんで、色は褐色です。

 

原因は、老化に伴って皮膚にできる良性の腫瘍です。紫外線をあびたり、そのまま放置していると大きくなってしまいます。

 

治療方法 液体窒素で焼く・レーザー照射による切除・電気メスを用いた切除方法があります。 大きな脂漏性角化症になると、外科手術が行われます。治療によって、肌が刺激を受けるので、炎症性色素沈着が残ってしまう場合もあります。

 

 

まとめ

シミにも、様々は種類があるのがわかって頂けたと思います。シミ対策をする際に1番重要な事は、シミの種類を知る事です。種類が違ったら、対策方法も変わってきます。

 

自分のシミのタイプはどれなのか?しっかり理解して、タイプに合ったシミ対策をしていきましょう。

 

 

シミ・小ジワにオススメのロスミンローヤルはこちら→

 

 

 

ロスミンローヤルのマメ知識