ロスミンローヤル

綺麗なおばさんになりたい!【美魔女のーと】

老化の大敵!シミや小ジワは紫外線による光老化が原因!


★老化の大敵!シミや小ジワは紫外線による光老化が原因!

外を歩くと一年中降り注ぐ紫外線。

私たちは常に紫外線を浴びています。

肌はそんな紫外線から、色々な影響をうけているのです。

 

紫外線の肌への影響は2種類あります。

・UVA(紫外線A波)

UVAは、日差しを浴びた後、肌を黒くする紫外線の事です。窓ガラスなども通過して肌の奥深くまで届くので、シミ・たるみ等の肌の光老化を促す原因になります。

 

・UVB(紫外線B波)

UVBは、表皮に強く作用します。日差しを浴びた数時間後に、赤く肌に炎症を起こす紫外線の事です。メラニンを増加させて、日焼けによってできたシミ・そばかすの原因を作ります。

 

年齢を重ねた女性は、歳だから仕方ないと諦める人もたくさんいますが、見た目の老化は年齢ではなく、紫外線によって皮膚に何かしらのダメージがおよんで起こってくる肌の老化現象、すなわち光老化が大きく関係しているといわれています。

 

肌などの見た目にかかわる部分(顔や手足)の老化は、80%が光老化が原因だといわれています。

 

人は年齢を重ねる事で様々な部分が老化していきます。

それは仕方のないことです。

 

シミや小ジワの原因も、年齢のせいだと思っている人がたくさんいますが、シミや小ジワに関しては、それよりもっと大きな原因があります。

 

それが、光老化と呼ばれるものなのです。

 

では紫外線などで、傷ついてしまった肌を改善するためにはどうすればいいのか・・・

 

それは、肌のターンオーバーを正常に戻すなのです。

 

肌のターンオーバーとは、皮膚細胞の生まれ変わりの事です。

 

 

 

 

肌のターンオーバーの周期は、歳をとると遅くなっていきます。

紫外線で肌にダメージを受けてしまうと、それはさらに遅れていきます。

そうなると、シミや小ジワが肌に長く居座ります。

 

若い頃は新陳代謝がよく肌が活発なので、28日間のターンオーバーで、肌は新しく生まれ変わっていきます。

 

14日間かけて形を変えながら、肌の表面に押し上げられ角質層まできた細胞は、最後はさらに14日間かけて老廃物となってはがれ落ちていきます。

 

この周期が乱れてくると、肌のメラニン色素が排出されなくなります。

その結果、シミや小ジワが肌に残った状態になってしまうのです。

 

新陳代謝が悪くなってしまった肌は、肌細胞が新しく生まれ変わる力まで低下してしまいます。

なので、シミや小ジワが目立つようになってしまうのです。

 

光老化が原因でできてしまったシミや小ジワにも、もとから改善することができるのです。

 

生薬で体中の血行を改善させると、遅れてしまったターンオーバーを正常に戻してくれます。

 

さらに、細胞の隅から隅まで栄養を運んでくれるので、肌細胞が活性化し、シミや小ジワになるのを軽減してくれるのです。

 

美容薬は、整形ではないので劇的な効果は見られません。

ですが、正常な状態に戻すことで改善にはつながります。

 

 

タグ :    

美容法マメ知識